ウサギにとって快適な温度は?どんな暑さ対策のペット用品で乗り切る?野菜で水分補給をしよう

こんにちは。梅雨に入りつつある関東地方ですね。

私もそろそろ扇風機を付け始めました。だいぶ日も伸びましたね。

蒸し暑いので、そろそろ半袖を着だした方も多いのではないでしょうか?

ウサギが快適に過ごせる温度、湿度は?

ウサギさんが快適に過ごせる室温、湿度はどのくらいなのでしょうか?

ウサギさんが快適に過ごせる温度は、18~23度、湿度は40~60%が最適です。

真夏でも室温が28度を上回らないように気をつけなければなりません。

エアコンの温度は28度程度に設定することが理想です。うさぎさんを部屋の中で飼育するためには、エアコンは必需品ですね。

高温多湿の梅雨の過ごし方

高温多湿の梅雨の時期は、どのように過ごしたら良いのでしょうか?

梅雨の時期は、湿度が高く、ケージに雑菌が繁殖しやすくなるので、掃除をこまめに行います。

フードも腐りやすいので、こまめに交換しましょう。

また、ケージは風通しの良い場所に移します。

暑さ対策のペット用品

そんな中、我が家の桃は元気がありません。

ケージの隅でジッとしていることが多いです。

メッシュトンネルの中で静かに横たわる

やっぱり、夏バテでしょうか…?

そんな桃ちゃんに、私はある商品を注文しました!

暑さ対策①ひんやりアルミプレート

それが、この商品です。

ひんやりプレートに気持ちよさそうに寝そべっている

そう、アルミ製のひんやりアルミプレートです♪

桃は最初は怪訝な顔をしていましたが、チェックにクリアした模様です…。

すっかりお気に入りで、お腹をくっつけて寝そべっています。

気持ちよさそうですね♪

暑さ対策②ハンディ扇風機

でもまだ、元気がないように見えるので、私はあるものを用意しました。

ハンディ扇風機です。

昨年、自分用に購入したものですが、夏バテ気味の桃を見て、この扇風機を思い出しました。

その写真がこちら。

ハンディ扇風機の風を受ける

桃が扇風機から逃げるなら、扇風機をしまおうと思いましたが、扇風機のもとへ寄ってくるので、こちらも気に入ってくれた模様です。

でも、夏バテといったら食欲不振ですよね。

桃は食欲不振になってしまったのでしょうか?

いや、それがそんなことがないのです。

と、その前に、ウサギが快適に過ごせる室温、湿度を解説していきます。

夏バテ気味の時は野菜や野草で水分補給をさせてあげよう

そうそう、夏バテ気味の桃の話でしたね。

しかし、生後2か月、伸び盛りの桃は、夏バテ気味で元気がないと思いきや、食欲は変わらず旺盛なのです。

桃のために私も桃が何を食べられるか勉強中なのですが、最近桃が食べられると判明したモノがあります。

新たに食べられると判明したモノを、ご紹介していきますね♪

食べられると判明したモノ①カブの葉

カブの葉に食らいつく

我が家の味噌汁の具にしようとスーパーで購入してきましたが、ふと桃に与えられるかと思案し、その場で調査。

ウサギにカブを与えて良いことが判明したので、プレゼントしました。

茎の部分が水気があって、美味しそうに食べます。

食べられると判明したモノ②つくし

つくしが桃の口に吸い込まれる

こちらは、つくしを食べる桃です。

こちらも、ウサギが食べられる草と判明したので、桃にプレゼントしました。

桃をお迎えしてからというものの、桃フィーバーの母は、散歩ついでに近所で草を摘んでくるのです。

この日も「桃ちゃんにお土産よ~♪」と、つくしを持って帰ってきました。

食べられると判明したモノ③タンポポ

タンポポが桃の口に吸いこまれる

こちらは、タンポポです。

花ごとイケるようです。

タンポポをちらつかせると、ケージの網目越しに寄ってきて、「クレクレ」アピールが始まります。

この写真でも、網に手をかけて必死の形相で食い尽くしています。

食欲旺盛で、私もびっくりしてしまいます。

食べられると判明したモノ④シロツメクサ

勢い良く揺れるシロツメクサ

こちらは、シロツメクサです。

勢い良く食べるもので、シロツメクサの揺れをカメラが捉えることができません…(汗)

これも母が桃可愛さに近所から摘み取って来たものです。

我が家の冷蔵庫は、桃の食べ物だらけになってしまいました^^

まとめ
後姿は猫の様

生後2か月を間もなく迎える桃。

沢山食べて、背中や腰もたくましくなってきました。

桃のさらなる成長が楽しみです♪

以上、今回はウサギの夏バテについてお届けしました!

ばいばい♪

耳も大きくなった