あなたはウサギとどんな関係性?恋人?親子?当てはまるものがいくつあるか診断してみよう

こんにちは。ペットとして飼っている可愛いウサギさんとの関係性は、良好ですか?

今回は、ウサギさんと飼い主であるアナタの関係性が、どのようなタイプであるのか、チェックリストを作成しました。

自分がどのタイプに当てはまるのか、この機会に改めて認識してみるのも良いですよ♪

各項目を読んでみて、アナタに一番当てはまるタイプで判断してくださいね!

飼い主であるアナタとウサギさんはどんな関係性?

A cute little ginger rabbit looks out of the cage. A beautiful pet. Fluffy animal, fur. Home, joy. Close-up. 出典:123rf

これから、飼い主とうさぎさんの関係性において、友達や親子、恋人などのタイプについて説明していきます。

友達関係タイプ

The rabbits are in the stable waiting for feeding. 出典:123rf

では、友達関係タイプについて解説していきますよ♪

  • ウサギさんの意思を尊重する
  • 「うさんぽ」や「部屋んぽ」を積極的に行う
  • ペットショップでウサギさんのおもちゃを探すのが好き
  • ウサギさんのキャラクターグッズを集めることが好き
  • 爪切りなどウサギさんが嫌がることをするのは必要最低限

このような項目が当てはまると、友達関係タイプです。

ウサギさんと飼い主であるアナタは基本的に対等な関係であり、アナタはウサギさんの意思を尊重する傾向が強いです。

そんなアナタは何よりウサギさんと「うさんぽ」「部屋んぽ」を一緒にして遊ぶことに何より楽しみを感じます。

ウサギさんもそんなアナタに懐いていてとても慕っています。

時にはウサギさんがワガママをいうこともあり、アナタが折れることで解決することもあります。

アナタはウサギさんが外に出たがるときには賛同しますが、外に出た時の安全性には最低限気に掛けるはず。

しかし、基本的にはウサギさんの好きにさせてあげるでしょう。

また、爪切りなどは必要に応じて行うタイプで、ウサギさんの嫌がることは必要最低限にとどめます。

親子関係タイプ

Female hand scratching furry young Angora bunny’s head. 出典:123rf

次に、親子関係タイプについて解説していきます。

  • 外出や帰宅の際にはウサギさんに挨拶する
  • ウサギさんの生態を勉強することに余念がない
  • ウサギさんの体調管理はしっかり行う
  • ウサギさんの牧草にこだわる
  • ウサギさんを飼い始めたときは品種で選んだ

このような場合は親子関係タイプです。

飼い主であるアナタが親で、ウサギさんが子供のような関係で、その管理が得意です。

ウサギさんの生態や、しつけ、体調管理など行うことが得意で、その雑学にも詳しいはずです。

そんなアナタにウサギさんは懐いていて、絶大な信頼感を寄せています。

外出や帰宅の際にはウサギさんに挨拶をして、ウサギさんも自分が家族の一員であることを認識しています。

家族が自分の話をしているときは、ウサギさんも何となく理解しています。

また、「うさんぽ」や「部屋んぽ」にはどちらかというと心配を抱いているタイプで、常にウサギさんの安全性を気にかけているでしょう。

ウサギさんがワガママをいったとしてもアナタは許さず、ウサギさんもきちんとしつけされています。

恋人関係タイプ

rabbits in the green grass. 出典:123rf

恋人関係タイプについて解説していきます。

  • ウサギさんに毎日キスをする
  • ウサギさんには毎日おやつをあげる
  • 帰宅するとウサギさんが寄ってくる
  • ウサギさんを抱っこしても嫌がらない
  • 気づいたらウサギさんを見つめてしまう

こういった項目が当てはまる場合は恋人関係タイプです。

ウサギさんと飼い主であるアナタは常にべったりで、アナタは気づいたらウサギさんのことばかり考えています。

外出していてもウサギさんのことが気にかかってしまい、そんなアナタにウサギさんもベッタリです。

その名前を呼べばウサギさんは顔を上げて、擦り寄ってきてくれるはずです。

足元に近づいてきて、クンクンとされたことはありませんか?抱っこも嫌がらないでしょう。

それは、ウサギさんがアナタに懐いて慕っている証拠です。

また、ウサギさんの好む食べ物を探すことに余念がなく、ひょっとしたらウサギさんは食いしん坊になってしまっているかもしれませんね。

主従関係タイプ

Eggs,Spring baby bunny, happy easter background. 出典:123rf

最後に、主従関係タイプについて解説していきます。

  • ウサギさんに噛まれても平気
  • ついついウサギさんを甘やかしてしまう
  • 我が家のウサギさんは伸び伸びとした性格である
  • 気づいたらウサギさんグッズを購入してしまう
  • ウサギさんがよく自分の背中に乗っかってくる

このような場合、ウサギさんとアナタは主従関係タイプです。

アナタよりも、ウサギさんが優位であるので、アナタはウサギさんのワガママは大抵のことは聞き入れてあげるでしょう。

ウサギさんは自分のことを王子様、お姫様と思っているかもしれません。

アナタはウサギさんの嫌がることは極力しないし、ウサギさんに嚙みつかれても嫌がらないので、ウサギさんは伸び伸びとした性格に育っています。

気付いたら、懐いてウサギさんがアナタの背中に乗っかかっているなんてことも良くあるのでは?

また、ウサギさんのグッズをウインドウショッピングすることが好きなアナタは、気づいたらあらゆるウサギグッズを購入してしまっているでしょう。

一体いくらのお金をウサギグッズに費やしましたか?

アナタのウサギ愛情度は、4つの関係性のなかで最もディープかもしれませんね。

まとめ

我が家のホーランドロップの赤ちゃんウサギ、「桃」はまだ我が家にきて1か月ですので、私との関係性は定まっていませんが、私は親子関係タイプを目指しています。

子供が一人増えたと思っています。笑

今回の4つのタイプに、アナタは当てはまるものはありましたでしょうか?

ウサギさんとアナタの関係性チェックリストをお届けしました!